ご近所付き合い


田舎暮らしを始めて間もなく6か月が経過。

田舎に来る前はマンションに住んでいました。
それはとても古ーいマンションで敷地内に3棟並んで建っています。

全部で400世帯くらいかな?
そのうち8割は65歳以上のご年配の方々。

我が家の階下の住人も もちろんご年配者。

息子が徐々に大きくなり、歩くようになり、走り回るようになり、
ドタバタとするようになり、下の家からのクレームもしょっちゅう。。。

息子が少しでも走るたびに、夫婦で慌てて「しっーーー!!」と息子を静める。
そんな日々でした。

そしてそれがイヤだったなぁ。

でも今は小さな団地に住んでいますが、いまのところ世帯数7。
朝会えば「いってらしゃーい!」
帰ってくれば「お帰り〜!」
休みの日に会えば「一緒に海に行こー!」
夕方に会えば「みんなでご飯食べようか!」  といった具合。

お向かいさんは釣りが大好きな料理上手なおっかさん。
「魚の天ぷら作ったから食べてねー」
「オイルサーディンを作ったから酒の肴にどーぞ」
とよくいただく。
しかも本当に美味しい!!(ブロッコリーの美味しい食べ方でも書いたけど)

ここに来るまでは近所付き合いって煩わしいものだと思ってた。

田舎暮らしには近所付き合い必須!みたいなことをよく言われていて、
大丈夫かな・・・と少し不安もあったけど、

ここでは近似付き合いが心地よい。

そして温かい。

私たち家族のことも、友人が来ても、快く受け入れてくれる。

今週末はこの団地のお祭り♪

縁日みたいな小さなお祭りを住人で企画しながら
子供たちの夏の楽しい思い出になるように、と

大人たちが張り切ってます(笑)
楽しみだな〜( *´艸`)



Copyright © 2016 南原の田舎暮らし日記 All Rights Reserved.