息子のいいまつがい



まもなく3歳6か月になる息子は
よくしゃべります。


私が少し強い言い方で「やーめーて!」とか「早くしてよ!」などというと

息子:「そのいーかた!!なんでそんな言い方するの?」

とか

息子が家の中で遊んでいる最中にちょっと何かにぶつかったり
コケたりすると私に向かって

息子:「ねえねえ、そういうときはさー大丈夫?って言ってよー」

とか

私が「○○しよーっと」というと

息子:「はいはい、お母ちゃんがやりたいようにお好きにどーぞ」

とか

保育園から帰ると

息子:「○○買っといてくれたー?」
私 :「あっ、忘れたー!」
息子:「もーいっつも忘れるんだから〜」

などという。

しかもどれも若干生意気な口調で穏やかにいう。

その口調にさらにイラッとすることもあるけど、
体のサイズ感と口調のアンバランスさに笑ってしまう。

最近息子はこんなことを言うんだよ、と夫に話をすると
「おんなじ口調だね」という。

つまり私が夫に言ってる口調を息子は真似しているらしい。
気づかなかったー。

そして息子は最近夫に
「もーいいから、いいから」といって
手で払うような仕草をする。

あーこれやってるかも、あたし。。。気を付けよっと♪〜( ̄ε ̄;)

でもやはり3歳児。
いいまつがいがちょいちょいある。

「このランボルニーギ、走るの速いんだよねー」 ランボルニーギ → ランボルギーニ

「さっき買ったキュウウリ食べたーい!」 キュウウリ → キュウイ

「ねぇねぇテベリみる?」 テベリ → テレビ

「今日は保育園で○○くんと戦いボッコしたんだよ」 ボッコ → ごっこ

かわいいいいまつがいじゃないか息子よ。
こんな風にいいまつがいしてた頃があったなー、という記録として残しておこーっと(笑





Copyright © 2016 南原の田舎暮らし日記 All Rights Reserved.